育児を楽しむ!悩みはあるけど前進あるのみ!

娘が生まれてから子育ての日常と育児に関する情報をアップしていたブログですが、福島第一原発事故後放射の汚染から子供を守るためには様々な情報が必要と感じ、今は主に被ばく対策と備忘録として綴っています。

 

スポンサードリンク

2007年04月02日

ハイハイとお座りの関係-ハイハイは大事です

赤ちゃんといえば「ハイハイ」ですね。
お尻をプリプリさせてハイハイする姿は
なんとも可愛いです♪

なぜハイハイは大切かというと、
ハイハイをすることによって手足をバランスよく使うことを習得します。
ハイハイをしないで立ってしまった子は歩き出してから転びやすいし
転んだ場合に手が前に出ずに顔面を強打してしまう可能性があるそうです。

ところで、娘はハイハイ遅かったんです。
7ヶ月になってもしませんでした。

ただ、母子健康手帳や育児書に書いている基準はあくまで
一般的な成長度合いを基準としているので
寝返りを打たないとか、ずり這いをしないなどの
「〜しない」というのは
あまり気にしないほうがよろしい、
という意見もあるので気にしていませんでした。

ところがひょんなことから
娘がなかなかハイハイをしない理由がわかりました。

私はおっぱいトラブルが多かったので
母乳育児相談室に通っていますが、
その助産師さんに聞いたことです。

大人がお座りをさせてしまうとハイハイが遅くなる

お座りは大人がさせるものだと思っていたのですが
どうやら違うらしいですねぇ。(私が無知?)

寝返りを打って目線が変わり、
目標物を見つけてズリ這いをしてハイハイへ。
そこから自力でお座りをするようなる。


これが正しい順序。
そしてここからつかまり立ちに移行するそうです。

で、親が座らせてお座りを経験してしまった乳児はというと
目線も高くなりご満悦でハイハイ
それ以前のズリ這いをしようとする意識が起こらないことが
多いと言っていました。。
ま、たいていお座りをさせればその周りにおもちゃを並べてしまうけど。

ハイハイは赤ちゃんにとってつまらないのか

という質問をしてみました。
(助産師さんにですよ)

自分で移動できるのだから楽しいに違いないが、
お座りをさせることによって
赤ちゃんが自力でハイハイを習得するまでの課程を大人が奪っている。
そうすると座っていることも、まあまあ楽しいので
わざわざ苦労して這うなんてしなくなる。

とのことでした。

ついついお座り、させちゃうんですよね(^^;)


ラベル:育児
posted by マーム at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児は楽しい!?難しい!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。